サービス付き高齢者住宅」って何ですか? service

about01

「サービス付き高齢者向け 住宅」 とは、 高齢者の居住の確保を目的として、 平成23年10月、 「高齢者の居住確保に関する法律 (高齢者住まい法) 」の改正によって創設された登録制度のことです。一 定のハード面 (バリアフリー構造、 一 定の居室面積 ・ 設備) とソフト面(サービス条件など) を満たすシニア向けの賃貸住宅で、 ケア専門スタッフによる安否確認サービス ・ 日常生活の相談などとい った 「生活支援サービス」 がついています。 また、 サービス付き高齢者向け住宅は、施設 (老人ホーム) と在宅の両方の面を合わせ持つ住まいであり、 専門スタッフによる医療 ・ 介護サービスを利用できるため、 要介護度が高い方でも入居することができます。

「サービス付き高齢者向け住宅」 は、 高齢の方が住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるように、 地域の医療 ・介護 ・ 予防 ・ 住まい ・ 生活支援サービスが連携して、 高齢者を支えている地域密着型事業の 一 つです。 地方公共団体が事業者に対して、 登録 ・ 指導 ・ 監督 を行うといった安心感もあります。

「サービス付き高齢者向け住宅」 のサービス内容については様々ですので、 本当に気に入った住宅を見つけるためには、 幾つかの住宅を見学して、比較 ・ 検討されることをお勧めします。

『契約方式』
契約は賃貸借契約に限定されているため、事業者の変更があっても入居者は安心して住み続ける権利が保障されます。

『費用』
家賃・管理費などを含めて毎月約10~16万円程度の費用がかかります。その他のサービスを受ける場合には別途費用が必要となります。敷金や一時金が必要な住宅もあります。
 

『設備基準』
1室あたりの床面積原則25m2以上。(十分な共用スペースがある場合は18m2以上)設備面のバリアフリー化が成されています。

『サービスについて』
安否確認と生活相談は必須とされています。

地域社会におけるモデルの一例
ページ最上部へ